僕のヤバイ妻。原作あらすじとネタバレ!キャストや感想は

1

伊藤英明と木村佳乃主演のドラマ「僕のヤバイ妻」が4月19日、22時から関西テレビ・フジテレビ系列でスタート!

ここでは、ドラマ『僕のヤバイ妻』の原作あらすじネタバレ情報や、キャスト・登場人物・出演者のコメント・みんなの感想などについてまとめてみました。

目次
僕のヤバイ妻(ドラマ)基本情報
僕のヤバイ妻(ドラマ)のキャスト・登場人物
僕のヤバイ妻(ドラマ)相関図
僕のヤバイ妻出演キャストのコメント
僕のヤバイ妻(ドラマ)第1話~最終回までのあらすじネタバレ
僕のヤバイ妻(ドラマ)第1話~最終回までの感想(個人的な)
僕のヤバイ妻(ドラマ)第1話~最終回までのみんなの感想

僕のヤバイ妻(ドラマ)基本情報

家庭生活の息苦しさに耐えきれず、妻を殺そうと決意した夫

しかし、帰宅すると妻は何者かに誘拐されていた。

想定外の妻の誘拐事件に翻弄され、追い詰められる夫。

自分が気づいていなかった妻の愛情を知った夫は改心する。

お金より何より、妻に無事に帰ってきてほしい————

しかし、彼は何もわかっていなかった。

事件の真相も、妻の本当の姿も。

やがて誘拐騒動は周囲の人間をも巻き込み、思いもよらぬ方向へと展開。

浮かび上がってきたのは、清楚で貞淑だった妻の恐ろしい正体。

誰も信じられず、逃げようとしても絡めとられ、追い詰められながら、夫は考える。

なぜ妻はここまで自分を苦しめるのか? 妻の真の目的は何なのか?

そして、ついに明らかになる真相。

その時、夫が下す決断とは? この夫婦が迎える結末とは?

僕のヤバイ妻(ドラマ)のキャスト・登場人物

伊藤英明

3

木村佳乃

4

相武紗季

5

浅香航大

6

▼浅香航大の詳細情報▼
http://nakajiee.com/asaka-koudai

眞島秀和

7

▼眞島秀和の詳細情報▼
http://nakajiee.com/mashima-hidekazu

キムラ緑子

8

高橋一生

9

▼高橋一生の詳細情報▼
http://nakajiee.com/takahashi-issei

佐藤隆太

10

宮迫博之

11

佐々木蔵之介

12

僕のヤバイ妻(ドラマ)相関図

キャスト図鑑

僕のヤバイ妻出演キャストのコメント

~伊藤英明さんのコメント~

黒岩さんのヤバイくらい面白い台本で、ヤバイ夫を演じてみようとおもいました。
ヤバイ妻の木村さんとは、がっつり夫婦役は初めてですが、他のヤバイ共演者の皆さんと共にヤバイドラマをお届けし、ヤバイ視聴率をとりたいと思います。

 

~木村佳乃さんのコメント~

ただ怖いだけではない、何処かにふと、愛情を感じてもらえるように演じられればと思います。

僕のヤバイ妻(ドラマ)あらすじとネタバレ

僕のヤバイ妻(ドラマ)最終回のあらすじとネタバレ

杏南(相武紗季)殺しをネタに脅迫状を送ってきたのが有希(キムラ緑子)だと気付き、有希のもとを訪ねた真理亜(木村佳乃)。

しかし、真理亜から緒方殺しとレンタル夫婦であることを突きつけられ逆上した有希は真理亜を刺し、真理亜は瀕死(ひんし)の重傷を負ってしまう。

杏南に死んだフリをさせたことが幸平(伊藤英明)にバレてしまった今、幸平が自分を助けに来ることなどもはやありえないだろう。

もうろうとした意識の中で真理亜は、あきらめたように悲しい笑みを浮かべる。

その頃、自宅で「真理亜を誘拐した」という新たな脅迫状を見つけた幸平は、真理亜が再び狂言で自分をだまそうとしているのだと怒りに震えていた。

しかし、望月家に侵入した和樹(高橋一生)からナイフを突きつけられ、真理亜の命と引き換えに2億円を出せと脅される。

幸平は、半信半疑のまま和樹をガレージへと連れて行くが、なぜか車から金が消えていて…?

一方、木暮(佐々木蔵之介)の元には真理亜から荷物が届く。そこに書かれていたメッセージに胸騒ぎを覚えた木暮は、ついにある行動に出る。

果たして、鯨井夫婦に監禁された真理亜の命は!? 幸平は真理亜を助けに行くのか? ついに明らかになる木暮と真理亜の関係、そして“N31”の本当の意味と真理亜の真の目的! そのとき望月夫婦が選ぶ結末とは!?

そこには、誰も予想できない衝撃の真実が待っていた!

僕のヤバイ妻(ドラマ)第8話のあらすじとネタバレ

杏南(相武紗季)を殺してしまった衝撃と罪悪感にさいなまれる幸平(伊藤英明)。

遺体を運び出し、戻ってきた真理亜(木村佳乃)は、情緒不安定な夫を「私も同罪よ。幸平は一人じゃない」と気丈に励まし、罪を分かち合う。

しかし翌朝、2人の元に『2億円用意しろ。北里杏南を殺したことを知っている』と脅迫状が届くと、幸平は再びパニックに。

幸平を何とか落ち着かせると、真理亜は幸平に2億円を回収していつも通り仕事に出かけるよう促し、自分は脅迫状の送り主をつきとめると言う。

脅迫状の送り主は鯨井和樹(高橋一生)だった。有希(キムラ緑子)から緒方(眞島秀和)殺しを告白され、レンタル夫の契約解消を切り出された和樹は、望月家を盗聴して知った杏南の毒殺をネタに、幸平と真理亜をゆすろうと計画し、有希にも協力を促す。

真理亜に言われた通り2億円を回収し、店に出かけた幸平だったが、杏南を殺してしまった恐怖に悩まされ、幻聴や幻覚を見るまでに追い詰められていく。

そこへ、杏南と連絡がとれないと相馬(佐藤隆太)がやってくる。ついに耐えられなくなった幸平は、相馬に「杏南を殺しました。」と告白する。

一方、真理亜は家の中にしかけられた盗聴器を見つけると、今まさに盗聴しているはずの相手を挑発。

焦った有希が慌てて和樹に電話するとその直後、インターフォンが鳴り、有希の家の前には真理亜が立っていた!

僕のヤバイ妻(ドラマ)第7話のあらすじとネタバレ

突然背後から有希(キムラ緑子)に襲われた杏南(相武紗季)は反撃しようとするが、あと一歩のところで和樹(高橋一生)に止められる。

怒りを抑えきれない杏南は、幸平(伊藤英明)の前で和樹がレンタル夫であることをばらし、有希は激しく取り乱す。

真理亜(木村佳乃)が幸平を招待する夕食会の日、杏南は頼まれていた毒薬・アドキシンを真理亜に渡す。

すると真理亜は毒の半分を料理に入れ、残りは杏南がワインに入れて持ってきてほしいという。

この用意周到な計画を杏南から聞いた幸平は、真理亜を返り討ちにしようと、自らも毒入り料理を真理亜に振る舞うことを思いつく。

一方、真理亜が木暮(佐々木蔵之介)と共謀している可能性にたどりついた相馬(佐藤隆太)は、緒方(眞島秀和)の遺体発見現場から逃げた女が履いていた靴の特徴から、ある人物に突き当たる。

夕食会の夜、幸平は真理亜と表向きは仲良くスーパーでの買い出しを済ませ、2人でキッチンに立ち、相手にバレないよう、それぞれの料理に毒を入れる。

ついに始まる夫婦最後の晩さん。幸平は真理亜が作った毒入り料理をかわしながら、なんとか自分が作ったアクアパッツァを真理亜に食べさせようと躍起になる。

そんな幸平の思惑とは裏腹に、アクアパッツァにまつわる2人の思い出を楽しげに話し始める真理亜。すると突然、言葉が途切れ、幸平が見ると真理亜が目に涙を浮かべていた。そのとき幸平は…!?

僕のヤバイ妻(ドラマ)第7話のみんなの感想

●毒もり食事を食べるかどうかっていう食卓のやりとりが火の粉とまったく同じだったので、どうにも二番煎じ感が抜けないなあ…

緊張感はあっちの方があった気がします

●面白すぎてヤバイ!!
ほんと、次の展開が読めないドラマ。
早く続きが見たい。
最後まで失速せずいって欲しいです。

火の粉も晩餐対決だったな…。
どう見ても、
幸平より真理亜の方が一枚上手でしょう。
やられてもすぐ優位に立つ賢い真理亜を、
応援しちゃってます!

●杏奈はやっぱり生きてると思う。
相武紗季の出番がこれで終わりだとは思えないし

僕のヤバイ妻(ドラマ)第6話のあらすじとネタバレ

「君だよね、緒方彰吾(眞島秀和)を殺したの。」和樹(高橋一生)は、緒方が死亡する前夜、杏南(相武紗季)が望月家から緒方を尾行する姿を目撃していた。

黙っているかわりに金をよこせと言う和樹。杏南は緒方殺害を否定するが、和樹がひそかに睡眠薬を入れたワインを飲み、意識を失ってしまう。

その頃、真理亜(木村佳乃)から2億円を奪った幸平(伊藤英明)は浮足立って杏南のマンションへ向かう。

しかしそこで和樹とキスをする杏南を目撃し、怒りと裏切られた思いにとらわれる。

翌朝、そんな幸平の元に真理亜の弁護士から連絡が入る。あれだけかたくなに拒否していた真理亜が離婚に応じるという。

やっと金も自由も手に入れたが、孤独を感じる幸平。そんな時、横路(宮迫博之)から、真理亜の近くに木暮(佐々木蔵之介)という男がいることを聞く。

木暮のバーを訪れたふたりは、そこで木暮と真理亜を結びつける意外な証拠を見つける。
一方、真理亜は杏南にも「幸平を譲る」と離婚を宣言。そして新しい毒を作ってほしいと依頼する。使い道を尋ねる杏南に、真理亜はためらうことなく「幸平を殺す」と告げる。
真理亜は杏南の本当の狙いを見透かしていたのだった。

僕のヤバイ妻(ドラマ)第6話のみんなの感想

●滅茶苦茶面白い。
相武紗季さんがどっちに転ぶのかな。

●ヤバイ!面白い!
先の展開が読めない!

●どう考えても、まりあがあんなのことを信用して、一緒に手を組むなんてことはあり得ないだろうから、あんながまりあを出し抜いたって、ほくそえんでるのは今のうちなんだろうな。

あんなの行動もすべて読んでの、まりあの協力の持ちかけなんでしょうが・・
来週も楽しみ

僕のヤバイ妻(ドラマ)第5話のあらすじとネタバレ

2億円を奪おうとした幸平(伊藤英明)が横路(宮迫博之)に襲われた。やって来た真理亜(木村佳乃)に、「焙煎しようとしたら誰かに襲われた」とうそをつく幸平。

2億円を盗まれたことに気付いた真理亜は、「大丈夫、私がかたきをとってあげる」と幸平を優しく介抱する。

実は横路と争い金の半分を手に入れていた幸平は、自分も金を盗んだと真理亜に知られる前に、杏南(相武紗季)と海外へ逃げようと思いつく。

その頃、相馬(佐藤隆太)は防犯カメラの映像の中に、緒方(眞島秀和)が転落死した日の朝、ビルから逃げる女の姿を発見。

それが杏南ではないかと考える。 一方、幸平の店では、夫婦で食事にきた和樹(高橋一生)が、なぜか杏南あてにこっそり手紙を残し……。

金を持ち去ってから数時間後、横路の事務所に真理亜がやって来る。「2億円返してください。」と単刀直入に告げる真理亜に対し、シラを切る横路。

するとしばらくして、横路の携帯電話に娘の楓(木内心結)から一通のメールが届く。しかしそれは、楓を誘拐したことを知らせる“N31”からのメッセージだった。

そこには椅子に縛られグッタリした楓の写真が!そしてさらにもう一枚、衝撃的な写真も送られてくる。

2億円を返さなければ楓の命が危ない――慌てた横路は、幸平に電話。杏南と海外逃亡に向かっていた幸平は……?

僕のヤバイ妻(ドラマ)第5話の感想(個人的な)

真理亜の楓誘拐は狂言だろうと予想はついたけれど、横路への脅迫メールがマジで怖い怖い。わかっていてもハラハラドキドキできる展開は単純に面白いわw

僕のヤバイ妻(ドラマ)第5話のみんなの感想

●来週からは高橋一生がくるな。

やっぱり妻じゃなく愛人の方か…。

信じられるのはお金だけか…旦那さん単純だね。

この出演者のなかでは夫がいい奴なんだろう。

●登場人物みんなが悪い奴過ぎて油断できない。

なんだかんだ言って孝平が一番、いい奴なのかも。バカだけど(笑)

まりあは、賢いのか間抜けなのか、完璧ではないから最初の不気味さが薄れつつある。
今のとこ、一番不気味なのは、お隣の旦那さんかな。

蔵之介も謎だし、続きか気になって仕方ない。

●妻だけじゃない。

みんなヤベェ…。

●警察 と世間を騙してかすめ取った金、その額2億。義理の 兄もその金を密かに狙っており、主人公が手にしたのは、半分の1億。

その金で愛人と高飛びを 目論む、というところまできた回たが、今時一億円じゃあ何もできなんだけど な。

しかもオンナと二人じゃね。オンナ捨てて逃げるゲスぶりでもいいかも。サイコパス妻描写もまだまだヌルい。まだ回があるから二転三転するところ を見せて欲しい。

僕のヤバイ妻(ドラマ)第4話のあらすじとネタバレ

緒方(眞島秀和)が潜伏先のビルから落ちて死んだ。

2億円を奪おうとやって来た幸平(伊藤英明)は、死体を見つけ慌てて逃げようとしたところを警察官に見られてしまう。

真理亜(木村佳乃)が自分を犯人に仕立てようとしているのだと考えた幸平は、ひとまず杏南(相武紗季)の部屋へ。

しかし、相馬(佐藤隆太)がやって来たため再び逃走。 追い詰められる幸平に意外にも手を差し伸べたのは、真理亜だった。

「大丈夫、4時まで我慢すれば無実が証明される」と真理亜は幸平に意味深な言葉を残した。

警察で、緒方の死が自殺ではなく他殺だと聞かされた幸平は、真理亜が緒方を殺したのではないかと疑いをますます募らせる。

だが明らかになるのは幸平が現場付近にいた証拠ばかり。一方、幸平の絶体絶命のピンチに駆け付けた杏南は、真理亜の弁護士から手切れ金を渡され、屈辱を味わう。

幸平が行方をくらませていた頃、一人カフェにやってきた横路(宮迫博之)は、店内を物色し1枚の伝票を見つける。

さらに緒方の死体発見現場には、望月家の向かいに住む鯨井有希(キムラ緑子)の夫・和樹(高橋一生)の姿が。

僕のヤバイ妻(ドラマ)第4話の感想(個人的な)

夫を手のひらで操る木村さんのヤバい妻ぶりは相変わらずだけど、今日のはちょっと無理ありすぎな気が(;^ω^)

僕のヤバイ妻(ドラマ)第4話のみんなの感想

●次回宮迫メインだと見る気失せる。

高橋一生とかキムラ緑子とかくせ者たちをもっと活かして。

●宮迫と相変わらず佐藤さんが微妙だけど全体的な内容はよかったです。

●お隣の年の差夫婦は契約関係だったのね。納得。

高橋一生さんの甘ったれブリがわざとらしすぎたものね。

●これ面倒だな。悪い言い方すると。

妻の目的…高橋一生と佐々木蔵之介のキャラが絡んでくるんだろうがN31が何か分かるような気がするし。

海猿コンビのちぐはぐやりとりに戸惑いながらフジの気色の悪い辻褄あわせに必死に見るのはもうしんどい。

最近の好きな順→ナオミとカナコ、ヤバイ妻、無痛…。

宮迫はたいした重要なキャラじゃないと思うよ。

●お金を餌に夫の愛情を取り戻すのは普通は無理ですが、真理亜はどう考えているのか。夫を管理したいのか。

今後、お金の争奪戦の話にならない事を期待します。

僕のヤバイ妻(ドラマ)第3話のあらすじとネタバレ

緒方(眞島秀和)のアトリエが何者かによって放火された。相馬(佐藤隆太)は焼け跡から地下室への扉を発見。今回の誘拐事件が緒方の犯行ではないかと考え始める。

その頃、放火のニュースを知った幸平(伊藤英明)は、“真理亜が協力者だった緒方を殺したのかもしれない”と恐怖におびえていた。

しかしふと、今回の誘拐事件が自作自演ならば“身代金の2億円は今も真理亜が持っているはずだ”という事に気付く。

その金を奪って逃げようと考えた幸平は、真理亜を尾行。すると、真理亜は意外な場所である人物と接触していた。

ついに2億円のありかを突き止める幸平。

そんな中、真理亜が店を手伝うと言い出す。幸平は煩わしさを感じるが、「金を手に入れるまでの我慢だ…」と渋々了承。

店にやって来た真理亜は、まるで用済みだと言わんばかりに、店にあった杏南(相武紗季)のネームプレートをゴミ箱に捨てる一方で、従業員たちには笑顔を振りまき、“奇跡の生還を果たした幸せな妻”を演じる。

しかし、そんな楽しそうな様子を、店の外から杏南が見ていた。自室に誰かが盗聴器を仕掛けていたことを知った杏南は、真理亜の誘拐事件に疑惑を抱き、ある行動に出る――!?

僕のヤバイ妻(ドラマ)第3話の感想(個人的な)

第3話も、1話・2話に続き面白いのだが、

1話・2話と比べれば面白さがパワーダウンの印象が・・・

夫が少しバカ過ぎるヤロw

もう少し賢くても良いのでは(笑)

僕のヤバイ妻(ドラマ)第3話のみんなの感想

●いやぁ、なかなか面白いです。

夫と愛人VS妻の闘いかと思ったけど2億円目当てで元探偵の宮迫さんが絡み。さらに年の差夫婦が今後どんなふうに関わってくるのか。

眞島さんが夫を襲撃するシーンを一生さんが目撃した感じだし。なんといっても姉さん女房があのキムラ緑子さんですから。

いやでも期待しちゃいます(笑)彼らも参戦?

夫婦対決は今のところ木村さんの圧勝ですね。

いかにも無邪気そうな笑顔が本当に怖い。

佐々木蔵之助さんとの企みのようだけどいったい何者なのか。伊藤さんも妻を殺そうとする浮気夫の表情などはいいけれど今日は心の声の台詞が下手でちょっと気になりました。
ともあれ先が気になるという点ではとても引きの強いドラマ。

木村さんのヤバい妻ぶり楽しみたいです。

●2話で映画分をやってしまったようなものだったので、ここからが真価を問われるところだと思って見た。

3話は正直、1話の面白さを100とすると50くらい。

矢継ぎ早におこる事がなくて、次どうなる?と思う部分が少なかった。

ラストに大学の後輩が死んでしまったのも想定の範囲内という感じで、そこにたどりつくための1時間をちょっとグダったかなという印象です。

でも次回がまた急展開らしいし、どうなるか期待したい。

●登場人物達のキャラが気持ち悪すぎですw

現実的じゃないですよねwww

●みんな狂ってる。2億円奪う、逃亡など…うーん木村佳乃さんが主演だね。眞島さんお疲れさま。いつも変な気持ち悪い役をしてる。

これは高橋一生、キムラ緑子さん、佐々木蔵之介にかかってる。

これは厳しいかな。

とりあえずN31の意味が分かるまでは見ようか。

しかしまぁ高橋一生と眞島さんは演技が上手い。 

僕のヤバイ妻(ドラマ)第2話のあらすじとネタバレ

1

身代金の受け渡しが成功し、真理亜(木村佳乃)は無事解放される。

病室に駆け込み「良かった……」と妻の無事を心から喜ぶ幸平(伊藤英明)。

しかし、世間をも巻き込んだ誘拐事件は、なんと、夫への復讐(ふくしゅう)を決意した真理亜の仕業だった!

一方、刑事の相馬(佐藤隆太)は幸平への疑いを捨てきれずにいたが、幸平は杏南(相武紗季)との浮気によりアリバイが成立

相馬は何者かが幸平を犯人に仕立てようと偽装工作した可能性があるとして、夫婦と接点をもつ人物を洗い始める。

やがて捜査の手は、真理亜の協力者である緒方(眞島秀和)にも伸び――。

その夜、望月家では、真理亜の退院準備をする幸平のもとに横路(宮迫博之)がやってくる。

犯人の目星はついている、と元刑事の仮説を披露すると、家の中を調べ始める横路。

翌日、真理亜は退院し帰宅。生まれ変わったように献身的に真理亜を迎える幸平。

しかし、部屋で一人になった瞬間、真理亜は自分が誘拐事件に関与している“ある決定的な証拠”を幸平に見られてしまう!

「真理亜……お前だったのか……」にわかには信じがたい光景を目の当たりにし、衝撃を受ける幸平。

すると真理亜はついに恐ろしい素顔をあらわにして……!?

僕のヤバイ妻(ドラマ)第2話の感想(個人的な)

伊藤英明と木村佳乃の演技が上手過ぎて、今週も見入ってしまった(笑)。ただ刑事と探偵の役は違う人が良かったのではないかたと・・・特に探偵は演技が下手過ぎwww

刑事はもっとベテランの方がバディが若いから締まると思う。

僕のヤバイ妻(ドラマ)第2話のみんなの感想

●木村佳乃さん最高 額から血を流しながらの満面の笑顔で乾杯!が目に焼きついてしまいました。

伊藤英明の怯えきった表情も相武紗季の丼パスタをもしゃもしゃ食べるのも面白かった。

●こわいーー。でも木村さん、さすがの演技です。

●先週も展開が早くてびっくりしましたが、第二話も早い〜!マリアがヤバイ妻だということは、もう少し先まで夫にはわからないまま話が進むのかな〜と思ってました。

●ヤバイ妻だとわかりながら、これから二人がどういう生活をしていくのか興味津々です。額から血を流したままニッコリ笑う妻…。怖いですねぇ!

●いろいろ見たことある話だが実に面白い。木村佳乃の演技力に凄みを感じる。

僕のヤバイ妻(ドラマ)第1話のあらすじとネタバレ

望月幸平(伊藤英明)は、資産家の娘で才色兼備な真理亜(木村佳乃)と結婚、義両親の遺産を元手に夢だったカフェをオープンし、誰もがうらやむ生活を送っていた。

しかし実際は家庭に息苦しさを感じ、ビジネスパートナーで愛人の北里杏南(相武紗季)と真理亜の殺害を企てるほど妻への愛情は冷めきっていた。

ある日の朝、幸平はカフェを立て直すため真理亜に追加融資を頼むが保留されてしまう。

それを聞いた杏南は「覚悟を決めて」と毒を渡し、真理亜殺害をそそのかす。

意を決した幸平は、震える手で“夫婦の思い出のワイン”に毒を混入し帰宅。

しかし、「2億円用意しろ。警察に連絡したら妻を殺す」というメッセージを残し、妻は何者かに誘拐されていた――。

幸平は警察に通報し、刑事の相馬誠一郎(佐藤隆太)と矢吹豊(浅香航大)がやって来る。

しかし翌朝、向かいに住む噂好きの鯨井有希(キムラ緑子)・和樹(高橋一生)夫婦の家のポストに 、警察に通報したことを知った犯人から、「妻は死んだ」というメッセージと“血の付いた真理亜の爪”が届く。

真理亜の死を覚悟した一同とは裏腹に、自らの手を汚さず望みが叶った幸平だけは、一人ほくそ笑むのだった。

しかし相馬は幸平が夫婦間で金の貸し借りがあったことなどから、幸平に疑いの目を向け始める。

焦った幸平は元・義兄で興信所を経営する横路正道(宮迫博之)に相談、事件当夜にいた不審な男・緒方彰吾(眞島秀和)の正体を知る。

そこで緒方から真理亜の思いもよらない一面を聞いた幸平は、猛烈な罪の意識にさいなまれていく。

そんな矢先、幸平の車から真理亜の血痕が検出され、ついに幸平は重要参考人として連行されることに。幸平が混乱していると、そこへ犯人から1枚のDVDが届いて――!?

一方、とあるバーではこの誘拐事件のニュースに耳を傾ける男(佐々木蔵之介)の姿があった――。

僕のヤバイ妻(ドラマ)第1話の感想(個人的な)

初回をみて感じた事は「GONE GIRL」のパクリ感が、どうしても強い印象が・・・。

サスペンスを連ドラにするのは日本ではまだまだなのですかね…

僕のヤバイ妻(ドラマ)第1話のみんなの感想

●予告から思ってたけど、これってGONE GIRLからかなり影響うけてるのでは。。。

●高橋一生とキムラ緑子、、、すごい組み合わせやね

●海猿コンビ観てたら「海猿」観たくなったから観てこよ

●もうこのドラマの結末分かっちゃったかも!!!

●ドローン2億持ち上げるとかありえなくね?

●糞つまらん、やっぱりフジだな。

●え、第1話激しくないですか!!!?!???!!

●佐々木蔵之介またもや怪しい役

●1話まるまるゴーンガールぽかったけどあと9話どういう話の展開か気になる

●相武紗季さんはやっぱり性悪女が似合う。ただ、今のところ「ヤバイ妻」の気配は全く無し。この後どうなる・・。それにしても、向いの家の夫婦?の歳の差はどういう意味だろう。今後、何か意味を持ってくるのかな・・?

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。